おかげさまで創業50周年
 

11弊社は、現会長が昭和40年4月に熊本市出町において事業を興して以来、この4月で満50年を迎えることができました。これも、ひとえに発注者のご厚情はもとより、諸先輩方のたゆみない努力、そして社訓の「信用」・「努力」・「和」の下、この歴史や伝統を引継ぎ、今日の弊社を支える社員・ご家族皆様の苦労や努力の賜物と感謝いたしております。本当にありがとうございます。 
11振り返りますと、創業当時は、会長が31才と若く、また私も高校1、2年の頃でしたが、作業の手伝いをしたことを覚えております。当時はまだ、作業車のない時代でしたから菊池神社近くの現場までは、杭の束や箱尺を持って菊池電車で通った事など懐かしく思い出されます。 
11昭和40年代は測量会社も少なく、設計は発注者のほうでやられており、業務としては測量だけのことが多かったと記憶しておりますが、50年代になると測量設計を合わせた形で発注されるようになり、同時に業者の数も急速に増えて参りました。 
11そして元号が昭和から平成に名を変える頃にはバブルと呼ばれるほどに、好景気に支えられ公共事業は大幅に伸びて参りましたが、やがては平成10年、11年をピ-クに事業量は減少の一途をたどり、ここ3~4年ではやや落ち着いてきた感があります。 
11この間、業務の内容や測量技術にも大きな変化が見られました。 設計業務においては、これまでの道路や橋などの新しく作る時代から、予防保全的に修繕や修理を施しながら長寿命化を図っていく維持管理の時代へと向かっております。そのほか、従来までの紙入札からインタ-ネットを利用した電子入札への移行、さらには巻き尺に替わり光波や電磁波による距離測定、そして今日ではGPS衛星を使って高さまで同時に観測可能なGPS測量など大きく様変わりしました。 
11このように技術の進歩は目覚ましく、技術計算や設計図面はパソコンにより電子デ-タで処理されるようになり、近い将来、電子頭脳を持ったロボットが人間にかわり測量から設計までこなしてしまう時代がやってくるのではと思い描いております。 
11弊社はこれからもこのような時代の流れを読み解きながら、発注者のニ-ズに答えられるよう、社員一丸となって創業51年目の第一歩を踏み出して行きたいと考えております。関係皆様方の変らずのご厚情・ご指導を賜りたくお願い申し上げます。



11111111 1 111 1111111 111 11111 1 11 1 1 1 1 1 1 11 1111平成27年4月15日
111111111 1111 111 11 111111 1 1 1 1 11 1 1 1 1 1 111 1 1株式会社三和測量設計社 
11111111 1111 111 11 111111 1 1 1 1 1 111 1 11 1 1 1 1 1 代表取締役 小路俊雄